背中の痒みがひどい
ホームボタン
背中の痒みがひどい

背中の痒みがひどい

おもったより前の話ですが、私が20歳の頃、背中の痒みがひどく見てみると多数の吹き出物ができていたんです。

すぐに皮膚科にかかりました。すると、病院側から、「背中の吹き出物はざそうと判明しました。こうなったのは食生活の偏りなんですが、脂肪を多く摂りすぎているんじゃないですか?」と怒られてしまいました。チョコがどの食べ物よりもざそうができやすいそうです。ざそうへの対処は、いくら眠くてもメイクは確実にとって就寝することです。

メイクアップすることにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌を休憩させてあげたいのです。

メイク落としにも気を配っています。オイルがベースのタイプや拭きとるタイプなど色々試してきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。ざそうをできにくくする飲み物は、耳にしたことがありません。

でも、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激して肌トラブルに繋がるので、やめておいた方が安全です。

ざそうと肌荒れは異なりますが、あまりいけない事をすると、ざそうを悪化させる原因にもなりかねないのです。10代の時、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いとすぐにざそうが出ていました。

食事がこのように関係するんだ、と経験したものです。

以後、年齢を経て食べ物にも注意するようになり、あまり食べないようにしています。

その効能かざそうもすっかり発生しなくなりました。ひどいざそうができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングを行なうようにしています。ピーリングを初めてやった時は、お肌が少しヒリッとしました。それで、怖くなってしまって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、キレイにざそうが改善できました。

それ以降、ざそうができてしまうとピーリングを行っています。

知っての通り、ざそうは女性であろうと男性であろうと困りものです。

ざそうができないようにケアしている人は多数を占めていると思います。

ざそうに効くお手入れ方法の一つに水洗顔が知られています。ざそうができたからと言って、必要以上に洗顔してしまったり、洗顔料で洗顔するのがよいと思ってしまいますが、これは危険なのです。ざそうになりやすいとお悩みの方には体質改善を目指す事をオススメします。

吹き出物が出る誘因としては甘い物や脂肪分の多い食べ物を食べることが挙げられるのです。

それらを少しも食べないというのは厳しいですが、野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)や発酵食品などを大量に体内に取り入れる事によって消化能力がアップし、体質が良い方向に変わることに持つながります。ざそうというのは再発しやすい肌のトラブルだとよく言います。

一度治ったからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、また繰り返しざそうができてしまいます。ざそうが再発しないよう防止するためには、肌の清潔な状態を保つようにし、不摂生な食生活をせず、十分な睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)を取ることが大事だと思います。ざそうになる訳は、ホルモンの分泌がとても多いことにあるのではないかと言われています。だからこそ、成長期にざそうが集中してしまうのです。

ざそうが出来ない心掛けは豊富にあります。

数多くあるうちの一つが、寝る時間をいつも同じにする事です。

これは、健やかな生活につながります。

ざそうはかなり悩むものです。ざそうの出はじめる頃というのは主に思春期となりますから、気にして仕方のなかった方も多かったのではないかと思います。ざそうはできる前に予防も大事ですが、薬で治すことも出来ます。薬屋へと行き、薬剤師の方に相談すると、合う薬をすすめてくれます。

女性によくみられるざそうの原因のひとつとして女性ホルモンの調節機能の乱れが関係しています。女性ホルモンのバランスは、ストレスをうけると簡単に崩れてしまうと知られています。

さらに、生理前はとり訳女性モルモンが大聴くバランスを崩します。生理直前にざそうを気にされる女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。

ご存知かも知れませんが、ざそうはアクネ菌のせいでできるので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を何人かで共有していたり、直接肌が接触してほったらかにして洗わずにいると、他の人のざそうが自分にうつってしまう恐れがあります。

また、自分のざそうを触った後で、顔の他の部分を触ってしまうと、ざそうがその場所に増えてしまうことがあります。

おでこにざそうが出来たりすると、なんとしてもまえがみで隠すことばかり考えてしまいます。

しかし、そのようなことをするのはざそうをより悪化させてしまう行為なので、できるだけまえがみで隠すといったことはせずに毛髪がざそうに直接触れないようになるべく刺激を与えないようにすることが重要です。ざそうが酷くなった場合、芯を持ったように固く、触れると痛いといった症状が表れます。

ざそうが出来てしまったら、ついその箇所を確かめようと触りたくなってしまいますが、触ってしまうとさらに雑菌が入って長引く原因となるので、ざそうケアのクリームなどでケアしながら、清潔に保つようにするのが良いようです。肌トラブルとざそうが関係していることも事実です。

吹き出物はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。

だけど、思春期をすぎても現れることがあり、その場合には大人ざそうや吹き出物と言われます。で、この大人のざそうの根源が肌荒れですから、スキンケアや生活習慣には考慮が必要です。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 みんなの肌潤糖485−みんなの肌潤糖は植物由来成分 All Rights Reserved.